税金について

法人格を持った会社は日本にはかなりの数存在します。この法人格を持った会社の利益に対して課税されるものが法人税と呼ばれる税金です。日本企業の多くが、この法人税を納めています。当然利益が出ない場合は、法人税は発生しませんが、企業が存在する限り、県や市町村に納付する法人住民税と呼ばれる税金が発生します。また、所得税や消費税と同様にこの法人税は国や県、そして市町村にとっては非常に重要な財源となっています。 会社を経営する側からすると、この法人税をいかに節税するかが重要視されている事も事実です。節税をすることで、余分な支出を抑える事ができ、結果的に資金を有効に企業内で利用できるようになります。例えば、節税としては、設備投資や給与アップ等があげられます。

法人税の節税とは、脱税ではありません。どうせ支払う必要のある余剰利益であれば、企業の今後の発展のために使ったり、社員のために使うという考えのもとで行われるものです。そういった行為を行うことにより、納める税額を少なくしようとする事が節税と呼ばれるものです。 法人税の節税方法は、様々なものが存在します。次年度以降の会社発展のための設備投資や、人件費アップ、社用車の購入、退職金の積み立て、各種保険への加入等多種に及びます。この中でより効果的な節税対策は、設備投資と人件費のアップだと言われています。これは会社にとっても有益なことですし、給与が上がることは社員にとってもプラスに働き、双方にとって効果的な手法だからだと思われます。